SNSではよく見かけますが、CMは動画のアップは違法なのに画像は違法じゃないんですか?

動画も画像も無断でアップロードするのは違法です。CMの著作権は映画の著作権に準じます(著作権法29条)

ただ、出典を明示しフェアユースで主従関係が明瞭な記事中に画像の掲載の必然性があるならば法的にもOKであるとする改正著作権法で決まっています。出典も明示せずCMのスチル画像のみ何十枚も大量に掲載すれば、著作権侵害等の権利侵害としてクレームなどが入る可能性があります。

但し、CMの動画は映り込みなどの例外を除き、出典の記載をしても、画質や音質を下げて複製権(著作権法第21条)を回避しようとしても、送信可能化権(著作権法23条1項)を侵害するので著作権侵害になります。著作権を所有する企業がそれを見てNOと言えばアウト確定です。

法的に許されて無い事はコンプライアンスを重視する企業は長く放置しないと思います。SNSに寛容な状況が続いていますが、ネットは常に劇的に変化します。

あなたの安全の為にも、SNSでは違法に動画を掲載せず、無断アップロードの違法CM動画を閲覧せず、著作権侵害アカウントでは無く、公式CM動画の配信アカウントや、企業等の公式アカウント等の再共有,RTを行うのがベターです。お仕事のスパマーや胡散臭い起業家でも無いのなら、結局は誰の利益にもならないリスクを取る必要はありません。

昨今のTWitterではパクリ,偽装を繰り返すアカウントは凍結される傾向へとシフトしているように見受けられます。かなり甘いTWitterも、本来は著作権が厳しい日本の法令を或る程度遵守する傾向が出ているのかも知れません。真面目なファンの方なら、特に権利関係が厳しい芸能人やメディア関連の画像は、ファンアート等を除き、正当なURL等の出典が記載されているもののみ確認してから、いいねやRT,再共有をするように心がけましょう。
送信可能化権:サーバーへCM動画をアップロードする権利を言います。実際に配信していなくても、権利者以外がサーバー(TWitterやYoutubeを含む)へ無断アップロードしただけで違法行為となります。

更新:2017/08/09 / 編集:2017/12/09

全てのCMを掲載していない理由は何がありますか?

 多くの方が顔も見た事の無いような、あまり著名とは言えないタレントが出演し、それほど際立った特徴や特別に面白いと言えるほどでも無いCMならば、ローカルCMも含めてネットには大量に存在します。特に投稿頂いた場合は掲載を検討しますが、何もご連絡無い場合は、当サイトで掲載しても見る方が少ない確率が高いと思うので、掲載は見送る可能性が高くなります。

また、公式サイトやSNSの公式アカウント,企業の公式SNSなどや動画広告,記事広告などで積極的大々的に一気に配信し、見たい人が見たからでは無く、宣伝だけで瞬く間に再生回数が急上昇しているYoutubeなど掲載の、早々に見飽きた感が強くなっている可能性が高いと思われるCM動画も、掲載する事で嫌がられる可能性があるため、掲載を見送る可能性があります。

加えて、Youtubeの著作権侵害動画を放置している企業のCMも掲載を見送る率が上がります。これは不正行為である著作権侵害を行うYoutubeアカウントに宣伝させている企業CMを掲載する事で、一般ユーザーや他の企業や公的機関などから同列に見られたく無いからです。日本は法治国家ですので、日本国民は日本の法律を遵守する義務を負います。ネットのCMが全体的に人気が無くなった理由の1つは著作権侵害に無関心で怠慢な企業による不正なCM動画の蔓延です。これによってCMの作品としての価値がぐんと下がり、敬遠に繋がっていると推測します。

逆に、著作権侵害に真面目に取り組み、違法なYoutubeやTwitterの違法アップロードの動画の削除をしている企業,タレントのCMは、優先して掲載させて頂いております。

 基本的には、ネット配信される全部のCMを掲載するだけの労力も、それを費やすほどの時間も無いので、取捨選択は必須作業になります。

 一言で言えば、当サイトで掲載する事で喜んで見て頂けるCMを優先して掲載しているので、そうでない可能性のあるCMはプライオリティが低めになると言う事になります。

更新:2017/10/30 / 編集:2017/11/02

Twitterで再生されるCMの動画の画質がYoutubeなどよりも良くないのはなぜでしょうか。

TwitterはフルHDまでの解像度の動画のアップロードに対応していますが、(2017年7月現在も)再生時は1280x720でビットレートも大幅に下げられてます。その為、CMに関わらず、全ての動画は画質が悪くなります。また、公式アカウントもTwitterでは最初から低解像度の動画をアップするケースもあったり、違法アカウントも著作権などの諸々の権利侵害でアカウント凍結などされないように最初から低画質でアップロードしているのではないかと思われます。

スマホなどでデータ通信量を気にしながら動画を見ているなど以外の方なら、普通に公式サイトやYoutube公式チャンネルで見るとキレイで高音質で、情報が潰されていないオリジナル映像が見れます。

更新:2017/06/29 / 編集:2017/10/16

TWitterの個人ユーザーがアップロードしているCM動画の画質や音質が極端に悪いのはなぜでしょうか?

オリジナルのCM動画を違法ダウンロードしてTwitterに動画を転載するのは違法行為で最悪アカウントが凍結などの恐れがある事を知っているので、ビデオカメラなどでテレビを録画し違法では無い映り込みの範疇としてアップロードしているケースが多いからだと思われます。

ビデオカメラで撮影しているので、画質や音質が極端に悪くなります。尚、画質や音質を下げれば良いのでは無く、法的に許容されている映り込みの範疇なので違法にはならないと言う事です。

同様に、Youtubeでもテレビ番組の動画などをビデオカメラで撮りこんでアップロードしていますが、ドラマや映画などに関しては丸まる全部アップロードしている物などは、大勢が閲覧すれば削除される模様です。

そのような影響もあり、TWitterでは公式アカウント以外での一般ユーザーのアップロード動画は自宅のテレビを撮影した撮りこみのほうが人気が出やすい傾向(2017年現在)があるように思われます。

Keywords:Twitter,著作権
更新:2017/07/01 / 編集:2017/10/16

CMの動画の転載,アップロードは著作権侵害ですが、CMのスチル画像のアップロードは著作権侵害にはなりませんよね?

CM動画からのキャプチャ(静止画)ならば、基本的に画像を引用する必然性のある記事があり、著作権上問題の無いサイズ(1画像の一辺の長さが数百ドット程度)や高画質では無い場合、出典がわかれば問題無い(適切な手順を踏まえた著作権法上認められている行為であり、権利者からクレームが来る事はまず無い)ように思います。

元にしたCM動画が掲載されてあるページがあれば、それをリンク紹介などで出典がわかるようにします。

画像を掲載するページに、出典も何も掲載してない場合は、著作権を主張しているかのように解釈される場合もあります。権利を持つ企業やCM出演者次第と思いますが、クレームなどが来て削除を強いられるケースも想定できます。また出典を明記していてもCMとは無関係の事に画像を素材的として利用するなどの場合は著作権や肖像権等の侵害として訴えられる可能性があるように思われます。

因みに当サイトでは、動画も画像も全て出典が明瞭にわかるようにして紹介し、画像の出典元は公式限定としています。

更新:2017/07/05 / 編集:2017/10/16

Youtubeの違法アップロードのCM動画を掲載するデメリットは?

公式チャンネルでも同じCMを配信しているならば、公式のCM動画を紹介すれば道義的にも良いと思われますし、企業やCM出演のタレントなどにも喜ばれると思われます。企業は違法アップロードの動画の再生回数は自演やスパムなどの可能性もあるので重視しないと思われますので、その他の様々な統計データが取得可能な公式チャンネルの動画を閲覧したほうが、企業にも歓迎され、反応が良く再生回数の多かったCMのタレントは、CMの契約なども更新され易く、タレント活動の支援にも繋がるのではないかと思われます。

更新:2017/06/20 / 編集:2017/10/15

利益を得なければCM動画を無断アップロードしても違法にはなりませんよね?

利益云々に関しての条文は著作権法にはありません。利益を得ていてもいなくても関係無く、他人が作った作品を個人の利用の範囲を超えて無断で自分勝手にウェブに公開すればアウトで違法行為ですから違法です。

また原則的に日本でテレビ放送しているCM動画は著作権を放棄している物は無い筈ないので、無断でアップロードすれば全て著作権侵害で、違法です。

尚、営利目的でCM動画を使えば、立腹した権利者から速やかな削除申請や告訴の率が高まる可能性はありますが、営利目的でもそうで無くても違法行為には変わり無く、権利者から通報されれば著作権侵害として動画削除,アカウント凍結等がされます。

また、公表後70年以上経過したCMの動画は著作権の期限が切れますので、自由に使っても良いのですが、日本の最初のテレビCM放送は1953年ですから、2017年現在まだ70年以上経過しておらず、全てのテレビCMが著作権保護の対象になります。

因みに、Youtubeや各種SNSもそれらの運営自体が全て営利目的で広告収入で運営されていますので、掲載した本人が金銭的利益を目的としていなくても、そこに無断で掲載された時点で企業側から見れば営利に関与しているとみなされてもおかしくはありません。

もし裁判となり罪が確定した場合、現行の著作権の法律では、”著作権を故意に侵害した者は、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金に処せられる”となっています。また法人格の場合は、当該行為者以外の法人にも”3億円以下の罰金が科せられる”となっています。

更新:2017/07/01 / 編集:2017/10/15

CMの掲載基準は?

当サイトでのCM動画の掲載優先順位は、常連さんを含め、誰かが見て喜んでくれそうなCMから優先して掲載しますが、最低限度の掲載基準は著作権になります。公式サイトやYoutubeなどの公式チャンネルの動画を最優先し、Youtubeでは、当方でそのCMの権利関係者と確認されなかった者が掲載したCMについては、日本の著作権法は親告罪であると言う観点と、法治国家の国民の責務としての道義的な観点を踏まえ、現在は約半年〜1年の期間を経過して尚、削除されてない物を掲載しています。一定期間、権利者に削除されてない物は権利者が黙認しているとみなし、当サイトでの掲載に際し、道義的にも特に問題は無いと考えています。

更新:2017/06/20 / 編集:2017/07/14

YoutubeやTwitterなどにCMを合法的にアップロードする方法はありますか?

総合で幾ら費用がかかるかわかりませんが、権利者全てに許可を得れば可能です。代行業者の手続き費用だけで数万円はかかると思われます。

詳しくは以下の記事を参照下さい。

YoutubeにテレビのCMを合法的に第3者がアップロードする方法。http://hen.kooss.com/archive/2014/0724001.html

一般的に権利者に許可を得ずお金をかけずに行うには、ビデオカメラを使って、テレビの映り込みの範疇でCMを撮影しアップロードすれば、原則的には違法行為とはなりません。但し、著作権者が、利益を不当に害していると判断すれば違法となります。

尚、オリジナルの動画の転載なら、画質や音質を下げたりフレームなどをつけて加工しても、映り込みとは関係無く違法行為です。権利者が駄目と判断すればアウトです。

更新:2017/06/29 / 編集:2017/07/12

Youtubeに無断アップロードしたCMで削除されてない物は合法ですか?

ビデオカメラでテレビ放送のCMを撮影した写り込みなどの条件に当てはまる例外を除き、第3者の著作物であるCM動画を無断でYoutubeにアップロードすると言う行為は著作権侵害です。たとえ削除されてなくても違法行為です。違法行為ですが権利者から告訴されてない状態と考えて良いと思われます。その期間が長い場合は黙認していると考えられると思われますが、例えばYoutubeでは無断アップロードから数年間を経て権利者による削除申請による大量削除やアカウントの閉鎖と思われるケースも確認しており、即削除されなければ大丈夫と言う事では無いと思われます。

Youtubeの場合は、権利者はまず先に削除申請を行い、Youtubeが著作権侵害を確認すれば動画が削除されますので、実質的に告訴される事は極めて少ないと思われますが、Youtubeでは過去に著作権侵害の刑事事件も発生し逮捕者も出ていますので、CMに関しても極めて悪質なケースならば刑事事件に発展する可能性もあるかと思われます。

Keywords:Youtube,著作権
更新:2017/06/29 / 編集:2017/07/11

YouTubeのCM動画をダウンロードする方法を教えて下さい。

Youtubeに限らず、それが著作権者に無断で違法アップロードされたストリーミング動画ならば、ダウンロードは違法行為になります。また、違法な動画では無い一般の公式アカウント配信のCM動画の場合でも、ダウンロードのリンク表示無き場合は、Youtubeの規約(参考:5. お客様によるサイト上のコンテンツの使用 B)ではダウンロードが禁止されています。なので、YoutubeではCM動画を含む全ての動画をダウンロードしてはいけません。

よって違法行為や規約違反を助長する恐れがあり道義的に問題と思われますので、この質問には解答できません。どうしてもダウンロードしたいならば、企業や出演者などの権利者にメールなどでお願いしてCM動画を頂くか、テレビのCMを録画するなりして下さい。

Keywords:Youtube,著作権
更新:2017/07/05 / 編集:2017/07/05

Youtubeに合法的にテレビのCMをアップロードする方法はありますか?

あなたが権利者では無い場合、そのCMの全ての権利者からの許可を特別に得る事ができるCMか、(日本ではまだ見た事が無いと思いますが)転載もダウンロードも自由で公開されたCMがもしもあれば、あなたがあなたのYoutubeのアカウントにCMをアップロードする事ができます。

但し、全ての権利者から特別な許可を得るにはとても難しく、有料の代行サービスを実施している業者に依頼したとしても、正式な書類を作成後、CM1本辺り数万円程度の費用をかけ、一定の期間を経て、許可が得られるように思われます。

参考:YoutubeにテレビのCMを合法的に第3者がアップロードする方法。http://hen.kooss.com/archive/2014/0724001.html

Keywords:Youtube,著作権
更新:2017/06/20 / 編集:2017/06/20