YoutubeのCMをbb-navi.comのCM動画で見るメリットは?

公式チャンネル配信の動画だと少ないですが、違法アップロードのCMの動画ではCM再生の前にYoutubeでは動画広告が出たリ、広告バナーが動画の上に出たリしますが、当サイト”CM動画”(やCM紹介のブログ記事など)でYoutube掲載のCMの動画を見ると、理由は不明ですが、滅多にそういった広告は出ないように思われます。なので、CMの動画そのものがわずらわしさが無く、見易くなります。

また、公式チャンネルの動画にもある、やや目障りなアノテーションもデフォルトで同時に抑制していますので、邪魔な物が何一つ無いCM動画をフルスクリーンでキレイに見れて、画面キャプチャー(スクリーンショット)も撮りやすいと思われます。

CMの動画の静止画をパソコンに保存して、閲覧などするのは、個人的な利用の範囲なら著作権法で許されています。ただ、この静止画像を著作権法に違反した内容で不用意に不適切にウェブにアップロードすれば違法行為の著作権侵害となります。当方は過去多数のサイトが著作権侵害で閉鎖を余儀なくされているのを確認してきております。

あと、Youtubeは13歳未満は利用は規約で禁止(*1)されているので、小学生などの中学生未満の子供はYoutubeは閲覧できませんが、当サイトのような13歳未満でも比較的無問題と思われるCMに限って掲載している安全なサイトでは、小学生などのお子さんでも安心してネットのCM動画を閲覧させる事ができます。

*1:Youtubeはこどもが閲覧する事を前提にしている動画SNSでは無いので、Youtubeの利用規約で禁止されています。SNS全般に言えますが、子供がSNSで被害者になった事件,事案等に代表されるように、Youtubeに子供を無責任に放置するのはとても危険な事です。尚、校則でYoutubeの利用を禁止している学校もある模様で、中学生でも動画をアップロードして高校に行けなくなったと言う話もあります。また、即座に犯罪被害者などとして巻き込まれなくても、著作権侵害などの権利侵害が無法状態のYoutubeでは著作権侵害に麻痺してしまうと将来重大な犯罪に関与してしまう恐れがあると思われます。

更新:2017/06/20 / 編集:2018/02/14

CMランキングで人気のCMと、テレビで話題のCMで違いがある理由はなぜでしょうか?

当サイトのCMランキングは、今本当に見たいCMがある方が大勢見に来る事で上位にランクインします。好きなタレントなどが出演してるなどで熱心なファンが多いCMや面白いCMやネットで話題になったCMに比較的目新しいCMなどが上位になります。

しかし、テレビで話題のCMは、テレビやマスコミが何らかの理由で話題にしているCMなだけで、本当に見たい人が多いCMとは限りません。

もし、見飽きてしまうほどテレビで毎日何度も繰り返し放送されているようなCMなら、わざわざネットに見に来る事は無いでしょう。

また、何度も繰り返して放送されるほどの巨額な費用をテレビ局に支払って宣伝をしているのならば、テレビ局はしっかりCMを見て貰えるように、テレビ局の情報番組でも話題(視聴者が話題にしているのでは無い)になる事もあるように思います。

また、テレビの視聴率が高い番組ほど人気の高い番組とは限らないのと同様に、業界でのアンケート調査などで好感度が高いとされる優等生的なCMが必ずしも本当に人気が高いCMとは限らず、好感度の高いCMほど不愉快CM,嫌いなCMにもなりがちと思われます。

当サイトのCMランキングはCMを見たい人が多いCMが上位にランクインするので、わざわざ見たく無いCMを見に来る人はいないと思いますので、不愉快に思う人が多いCMはランクインしにくくなります。

テレビCMの場合は、莫大な額のお金が動きますので、テレビやマスコミ,芸能プロダクション,CM制作会社などの業界の色々な思惑などもあり、テレビで話題に上がるには、様々な理由があるのではないかなと思います。

個人的には、そもそも日本のテレビは”エンタメ”だと思うので、真実の解を求める事が無理なのではないかなと思っております。
更新:2017/07/01 / 編集:2018/02/14

何年も前からYoutubeにアップロードされているCM動画をこちらのサイトに投稿させて戴きましたが、いつまで経っても掲載されません。人気のあるタレントが出てるCMなのですけど、なぜでしょうか?

何年間も企業等のCMの権利者から削除されておらず、人気のあるタレントが出てるCMの投稿なら当サイトで掲載しても何ら差し支え無いと思いますが、それでも掲載されてない理由は、そのCMが既に当サイトで、投稿したCMタイトルとは別の名称(正式なタイトル名)で掲載済みの場合があります。

Youtubeで著作権侵害でアップロードされるCM動画の多分10%以上はタイトルなどが正式名と異なっています。Youtubeにアップロードされている同じCM動画が全部同じタイトル名でも間違っているケースも稀有ではありません。

その動画が全部、間違ったタイトル名の著作権侵害のアップロード動画のコピーならば、同じタイトル名になるでしょうから、全部が間違いと言う事になります。

そもそも著作権侵害と言う違法行為が平気で行える人と推測されるので、正式名称が何であるかなども調べず、適当にしているケースは多分にあると思われます。

匿名でのパクリと言う、まさに泥棒同然の金銭目的の行為と思われるので、きちんと公式サイトなりに日々アクセスしてニュースリリースやアナウンスなどを見て調べると言う手間のかかる作業をしない人が大多数ではないでしょうか。紹介記事までパクリで、中にはツールなどを使って自動化されているように見受けられるケースも散見でき、自身はYoutubeにアップロードした動画すら見ていないかのように推察されるケースもありました。

更に言えば、再生回数が伸びるように、釣り的ないいかげんなタイトル名にしている物も少なくありません。中には悪意すら持っているスパマーの確信犯の輩もいると思われますので、いい加減なタイトル名になってもおかしくはありません。

因みに、タイトル名が正式名と異なる場合、故意でも単なるミスであっても、著作権の同一性保持権の侵害に抵触する可能性がありますので、可能な限り正確なタイトル名で記載すべきです。

更新:2017/08/10 / 編集:2018/01/31

こちらのサイトは、CM のまとめサイトですか?

いいえ違います。まとめサイト(キュレーションサイト)ではありません。近年のネットのカテゴライズでしいて言えばCM限定のニュースサイトが最も近いと思って下さい。

既にある拡散されたような情報をまとめてるサイトでは無く、まだ殆どの人が知らないような情報を含むケースもある、情報の発信元に近いサイトで、当サイト掲載の最新のCM情報を見て、ニュース系サイトやブログなどが参照してネタにしている場合もあります(但し出典も明示しない丸パクリ=”著作物の万引き”は損害賠償請求等も含めて厳しく対応しています)。

時々、最新のCMをYoutubeの再生回数が0の時点で確認する事や、日本で最も早くCMを紹介する事もあります。事前に企業から配信された原稿を元にして、或いは記事広告を、記事として掲載しているなどの一般的なニュース系サイトとは別の、CMの最新情報(CMニュース情報)掲載サイトとして見る事が出来ます。

既にSNSやブログなどでネットに拡散した情報をまとめているだけのまとめサイトや、SNSでのユーザーの反応の良い物からソースを選んで記事にしているネタ系のブログ等とは異なります。

一般的には、CM動画のリンク集です。

Keywords:bb-navi.com
更新:2017/11/02 / 編集:2018/01/19

CM動画を何度再生しても、Youtubeの視聴回数(再生回数)の表示が変わりません。どうしてでしょう?

 近年のYoutubeは、スパム対策などの為かなり正確に視聴回数(再生回数)を表示するようになっています。一定条件なら何度見ても1回にしかカウントしなかったり、一部だけならカウントしなかったりなどと推測されます。逆に(Youtube内での視聴時に再生される)動画広告として再生されるCMが簡単に100万回を超えていくケースも少なく無い事からして、ユーザーが閲覧していなくても適切な条件でブラウザで再生さえされていればカウントが上がるように推察されます。

 以前のYoutubeは、1人がブラウザのリロードのみで簡単にどんどん視聴回数(再生回数)が増えたので、1人で数万回(或いは数百万回以上)にカウントアップし、中には世界中でこれだけ人気があるとして、大々的に嘘の宣伝をしていたケースなどが問題視され話題になった事があり、そういった事への対応や、無効と思われる再生回数を省く事で、企業としても動画広告としての価値が上がっているのではないかなと推測されます。

 また、Youtubeの再生回数は毎回再生毎にカウント数の表示の更新をするのではなく、まとめてどんとカウント数の表示を更新するケースもある模様です。視聴回数の詳しい仕組みについては、Youtube(Google)に問い合わせても、スパム対策などがあり詳細は教えてくれないと思うので、気になる方は、よく観察される事を推奨します。

 尚、Youtubeでの昨今の再生回数の大きなCM動画は動画広告などでの再生回数を多分に含み、多様なケースを観察した上での当方の考察においては、再生回数100万回超でもその殆どが動画広告としての再生回数分で、実際のユーザーの能動的な試聴は100回未満と推測されるような極端なケースもある模様です。同様に、再生回数1000万回超でも実際の能動的な試聴は1000回未満というケースも推測しています。

なので再生回数が大きい事が人気があるとは断定できず、これは再生回数が大きく無い事で人気が無いのではないかと決めつけつる必要は無いと言う意味にもつながります。

Keywords:Youtube
更新:2018/01/09 / 編集:2018/01/09

CM動画の再生回数ランキングで、Youtubeの動画広告の再生回数分は引いて掲載できないんですか?

Youtubeに掲載されてあるCM動画の中には動画広告として、Youtube内で動画を閲覧する場合は、広告として再生される物がありますが、この再生回数はYoutubeAPIなどで取得されるデータの中にも該当する物は無く、公開されておらず、本当に人気のあるYoutube掲載のCM動画を知る為の、ユーザーの能動的な動画の再生回数のみを取得する事はできません。因みにYoutubeが実施しているADランキング(YouTube Ads Leaderboard)は、動画広告としての視聴回数(再生回数)込みでのランキングになっています。

因みに、Youtube外でYoutubeの埋込動画を見る場合(例えば当サイトなどでYoutube配信のCM動画を閲覧)は、動画広告の出現は極めて少ない(2018年現在まだ見たことは無いと記憶しています)ような印象です。

更新:2017/07/01 / 編集:2018/01/07

Youtubeにある CMをTwitterに勝手に転載してもいいでしょうか?

まづ、Youtubeにある動画のダウンロードはYoutubeの規約違反なので駄目でしょう。この時点で既に無理なのです。

次に、公式チャンネル掲載の企業から動画をダウンロードして転載すれば著作権侵害(複製権や送信可能化権などの著作権の侵害)となる恐れがありますが、テレビで放送されているCMを中心に殆どのCMは転載を許可していないと思いますので、著作権侵害です。

企業では無い一般ユーザーが違法にアップロードした物をダウンロードすれば違法ダウンロードになり、転載すれば同じく著作権侵害となります。

以上のように、どのパターンでも、規約違反&違法行為の著作権侵害となりますので、勝手に転載してはいけないという事になります。

違法にアップロードされたCM動画でも、ダウンロードせずに、ストリーミング動画として閲覧するだけなら違法ではありません。但し、その動画を第3者に積極的に勧めるのは、道義的に良くない事だと考えます。違法行為者のYoutube動画やSNSの動画などへのリンク,再共有,RTなどはすべきではありません。
送信可能化権:サーバーへCM動画をアップロードする権利を言います。実際に配信していなくても、権利者以外がサーバー(TWitterやYoutubeを含む)へ無断アップロードしただけで違法行為となります。
更新:2017/07/02 / 編集:2018/01/05

CMの動画の下の画像を連結せずに、1枚づつ分けてアップロードして貰えませんか?

 現行のように出典を明瞭にし引用の範囲内で行えれば、絶対無理と言う事は無いと思いますが、当分は現行のような連結した形式で掲載を継続します。

 理由は、改正著作権法試案での引用の際の画像(1枚)のサイズの上限が数百dot程度とされていた事(※規定されたかは当方は未確認)と、出演者,企業共に、プロモーションの一助となるようなフェアユースの形式を重視しているからです。また、画像単体をCM出演者のみを対象としたPCやスマホの壁紙などとして利用されるケースは権利者の権利を侵害する可能性があるので、そうならないような配慮(連結前の単体で1000dot未満,商品や企業等のイメージを損なわずPR等)も加味されています。

 TWitterやInstagram等のSNS等では普通に高画質なスチル画像を出典(リンク)も何も記載せずに掲載されている一般の方が大勢いますが、あれらは法的にアウト。違法行為です。CM 出演している芸能人(実演家)が公式アカウントで画像を掲載しているのは、CMの画像を掲載する権利を有している権利者(著作権,著作隣接権)なので特に問題ありません。

どうしても必要な方は、フルHD等の高画質なモニターでCM動画を再生し、お好きなシーンをPCに保存するなど、著作権法で認められている個人の利用の範囲でCM画像を保存してお楽しみ下さい。

更新:2017/12/08 / 編集:2018/01/05

CMのテレビ放送の情報を教えて下さい。/ テレビでCM動画をみる方法を教えて下さい。

 各 CM のテレビでの放送時間などの情報は、公式サイトで確認できる場合があるので、そちらを参照下さい。リリース記事に掲載の場合は権利関係の問題は無いので転載可能ですので、記載が必要と感じた場合掲載させて頂きます。

ただ、いわゆる”捕獲”として録画したい方を除き、テレビでCM動画を見たいと言うだけなら、PC(パソコン)とテレビをHDMIケーブルをつなぐだけで、テレビの大画面で見る事が手軽に可能になります。

しかも当サイトなどの場合では、簡単に好きなタレントの出演したCM動画のみの連続再生や、好きなCMのみの連続再生(いずれも全体リバースなので、飽きる迄ずっと見る事ができます)ができますので、おすすめします。

更新:2017/11/10 / 編集:2017/12/22

応援しているタレントが出演している CM をCMランキングで上位にする方法を教えて下さい。

まず、あなたが応援しているタレントが出演しているCMを必ず当サイト内で閲覧して下さい。あなたの再生回数に応じてポイントが1つ上がります。また、ホームページ,ブログ,SNSで、当サイトのページをリンク紹介すると、閲覧者が増えてランクが上昇します。

また、1日1回は見に来ると継続してランキングの上昇に貢献できます。熱心なファンの方は同じ動画を何度見ても見飽きないので、色々なサイトで同じCM動画を見てられるようです。特に当サイトではCMランキングを意識してCM企業サイトやYoutube以上に積極的にアクセスし、当サイトをご自身のSNS等で頻繁に紹介されてる方もおられます。

尚、出演されているタレント,俳優,女優さんのTwitterやFacebookなどのSNSアカウントで、当サイトのページを掲載して紹介されている事があります。中にはCMランキングのランクインも意識している場合もあるかも知れませんが、それよりもCM動画専門サイトとしての正確性と安全性の高さと適切な記事・紹介文で、自分のSNSに掲載し易い(コンプライアンスなどの問題が無い)などが主たる理由だと思われます。

因みに、当サイトではYoutubeのアノテーションを抑制した設定で動画の上に目障りな物は出現せず、見たいCM動画の前に動画広告も再生されず、全てのYoutube掲載CM動画はYoutubeで見るよりも見易く、スッキリした邪魔の無いフルスクリーンの画面で見る事ができ、お気に入りのシーンのスチルもキレイに撮りやすいと思われます。

更新:2017/07/01 / 編集:2017/12/22