懐かしいCMのCM動画の画質が極端に悪い気がしますがなぜでしょうか。地デジに変わってからのCMでも画質が酷いものがあります。

懐かしいCMの一覧に掲載の、Youtube掲載の10年以上前の懐かしいCMという前提で話を進めていきます。

あくまで当方の考察ですが、2000年から運営しているCM情報サイトの管理者として、途中から動画SNSのYoutubeも運営が開始され、(現在のスパマーでは無い純粋なユーザーによるものと思われる)CMマニアのアップロードも少しづつ始まりました。当時は低画質でしたが、徐々に画質はよくなり、HD,FHDの高画質のCM動画もアップロードされるようになりました。

アナログ時代のCMでは無い、10年以上前のCMなら、高画質な物が少なくは無かったと記憶しています。以前はその当時のCMならば高画質で見れたとお考え下さい。

しかし、残念ながら、現在残っているのは画質の悪い物が大半と思わてれます。理由は、多分、アナログ時代の映像と変わらないほどの低画質な映像であれば、権利者も目をつむる事が出来たのではないか。と言う事です。

基本的に著作権侵害ですので本来ならば全て削除されていて当然なのですが、オリジナルの映像からは明らかに劣化し、同じ価値が無いレベルになっているなどで、権利者の方々不利益になる事は無いと黙認され、削除がされず残っているのではないかなと推察されます。

CMの映像というのは、権利者全員の許可が下りない限り、契約されたその放送期間,配信期間のみしか公開されてはならない存在です。なので古いCMの大半は一般公開されたウェブ上に存在してはいけないのです。
更新:2019/04/16 / 編集:2019/04/16

CM動画で紹介しているCMをSNSやYoutubeに転載してもいいでしょうか?

掲載しているCM動画の著作権は私にはありませんので、当方では禁止も許可も出せませんが、ダウンロードさえも規約で禁止としているYoutubeでもどこでもそうですが、著作権侵害の無断アップロードを許可している所は1つも無いので無理です。

また、CMの著作権は映画に準じますので、CM動画をアップロードしただけで、著作権(複製権,送信可能化権等)を侵害して、アウトです。

他のアカウントが平気でやっていても、あなたが迷惑を与えた違法行為者としてなんらかの制限がかけられたり、法的に罰せられる可能性もある事には変わりありません。

尚、動画だけで無く当サイトの紹介文等も全て転載した場合は、文章の著作権(著作隣接権)は当サイトが所有していますので、悪質な場合には当サイトが著作権侵害として訴える場合があります。特に珍しい事では無い事を申し添えておきます。

著作権侵害となる転載では無く、問題が生じない適切なリンク紹介をお願いします。

著作権侵害の刑事罰は、日本の法律では、個人は”10年以下の懲役または1000万円以下の罰金”(著作権法第119条) 法人格は更に”3億円以下の罰金”(著作権法第124条) が科せられる、とても重い罪です。
送信可能化権:サーバーへCM動画をアップロードする権利を言います。実際に配信していなくても、権利者以外がサーバー(TWitterやYoutubeを含む)へ無断アップロードしただけで違法行為となります。
Keywords:著作権侵害
更新:2017/07/11 / 編集:2019/04/09

YouTubeに最新CMがアップロードされてないのはなぜですか?

CM動画を公式サイトなどで配信している企業でもYouTubeに公式チャンネルを持って無い企業はまだまだ存在します。また公式チャンネルを持っていても、YouTubeでの配信をしなかったり遅らせたリするケースもあります。また、たまにYoutubeの最新CMは公式サイトなどからの無断転載の違法動画のケースもあり、すぐ削除されてしまう可能性がある為に注意が必要です。

Youtubeは13歳未満利用不可の動画SNSなので、子供の安全の為にも直リンクなどは避けるべきです。

Keywords:Youtube
更新:2017/06/20 / 編集:2019/04/09

Youtubeはなぜ違法アップロードの動画を削除しないんですか?

Youtubeでは著作権関係者から正式な要請があれば即座に削除されます。Youtube自体が勝手に削除する訳ではありません。逆に言えば権利者からの削除申請が無い限り、削除されません。

また、Googleは近年の検索結果が必ずしもユーザーファースト(*1)では無く自社の利益を優先しているケースもあると推測されるのと同じく、Googleが運営するYoutubeも利益を追求すれば、違法な著作権侵害であっても人気があるならば、優先的に見つけやすいようにいたるところで掲載しています。その為、オリジナルの企業公式のCM動画よりも著作権侵害のCM動画のほうが遥かに再生回数が多いというケースもあります。

違法アップロードのCM動画は数カ月〜1年程度で大量に消えていく傾向があるので、企業などの権利者が削除していないと言う訳では無く、一定の条件になった物(アカウント)を削除対象としていたり、削除しきれずに残っていたり、逆に(権利者が)黙認できる条件が揃っていたからなどではないかと思われます。

削除申請や違法動画対策が通常の業務では無い企業が多いと思われるので、毎日のように積極的に削除はしてるようでは無いですが、数年前に大量にあった違法動画が完全に消え失せているというパターンが多く、適切に削除申請をしているように推察します。また、コンプライアンスを意識している企業は人気の芸能人をあまり使わないウェブ動画ヘシフトしていると推測します。

尚、CM出演タレントのファンの方で、Youtubeの著作権等の権利侵害の動画を見て問題だと思われた方は、CM掲載企業の公式サイトの著作権関連の窓口から通知すると喜ばれると思います。これは、TWitter,Instagramなどの他の動画掲載可能なSNSでも同様と思われます。タレント生命を保つ為にも、特にCMの著作権侵害は積極的に企業に報告しましょう。

*1:ユーザーファーストはGoogleの義務や責務などではありません。法的に、検索結果はGoogleの物であって、Googleがどのようにしても良い類の物です。
更新:2017/06/20 / 編集:2019/04/09

CMの動画の転載,アップロードは著作権侵害ですが、CMのスチル画像のアップロードは著作権侵害にはなりませんよね?

CM動画からのキャプチャ(静止画)ならば、基本的に画像を引用する必然性のある記事があり、著作権上問題の無いサイズ(1画像の一辺の長さが数百ドット程度)や高画質では無い場合、出典がわかれば問題無い(適切な手順を踏まえた著作権法上認められている利用者の権利であり、権利者からクレームが来る事はまず無い)ように思います。

元にしたCM動画が掲載されてあるページがあれば、それをリンク紹介などで出典がわかるようにします。

画像を掲載するページに、出典も何も掲載してない場合は、著作権を主張しているかのように解釈される場合もあります。権利を持つ企業やCM出演者次第と思いますが、クレームなどが来て削除を強いられるケースも想定できます。また出典を明記していてもCMとは無関係の事に画像を素材的として利用するなどの場合は著作権や肖像権等の侵害として訴えられる可能性があるように思われます。

因みに当サイトでは、動画も画像も全て出典が明瞭にわかるようにして紹介し、画像の出典元は公式限定としています。

更新:2017/07/05 / 編集:2019/04/09

YouTubeに違法にアップロードされたCM動画が多いのはなぜですか?

色々な理由があると思いますが、CMや出演タレントの純粋なファンから、CMは短いのでエンコードが短時間で楽にアップし易い事や、法律にかなり疎い人やYoutubeの規約などを殆ど読んで無い人、或いは何らかの誘導を目的としたもの(要はスパマー)などではないでしょうか。

アップロードされた違法動画を更にコピーしてアップロードし誘導コメントを付けると言うケースがあります。

また、違法行為である事を承知の上で、広告収入目当てで儲かると思ってやってる人も少なく無いようですが、日本人よりも係争等に発展し難い海外の方や海外在住の日本人や専門の業者(YouTuber)などが大半かと思われます。

基本的に企業が著作権を行使していて削除申請をしない状態が続けば、瞬く間に増える傾向がありますので、大量の幾アカウントを持った特定の業者(YouTuber)が存在するかもしれません。

更新:2017/07/05 / 編集:2019/04/09

CM動画のニュースソースは主になんですか?どの系統のマスコミ記事を読んでますか?

当サイトのニュースソースの大半は一次ソースで、企業公式サイト、企業公式アカウント,公式チャンネル、芸能人公式サイト、芸能人公式アカウントが主体になります。特にYoutubeの公式チャンネルに関しては、オリジナルのプログラムで情報を収集しています。あと、時々頂く主に芸能人のファンの方々からの情報の投稿などになります。たま〜に、企業の方やCM業界と思われる方からの掲載依頼的な投稿(ウチは無料です)もあります。

マスコミに情報が載った瞬間にもう情報としての価値は低いと考えていますので、マスコミの記事は原則的に見ない事にしていますが、普通にSNSなどで流れてきて目に入る事はあります。実生活でもそんな感じです。(そもそも全般的に情報が遅い日本のマスコミだけ見てるといいコトは無い気がします)

また、基本的にニュースリリース以外の2次ソースは、大多数のマスコミの記事で判を押したかのように書かれている事があっても必ずしも正しくは無く事実と異なる場合もあり、思考の邪魔になり時間をロスするケースも多分にあり、効率重視で最初から見ないのが習慣になっています。そもそもマスコミは全般的にCM関連の情報収集には積極的では無く、CMの掲載は広告掲載としての収入源として見ているように思われます。

因みに、CMの1次ソースのニュースリリースであっても、企業にとっては重要な広告になりますから、宣伝要素が強かったりや誇大表現があって、真実とは言えない紹介のされ方もあるケースもあり、そのまま鵜呑みにはできません。

唯一、企業から委託を受けてCMの先行配信をするYoutubeのマスコミ系アカウントのみプログラムのチェック対象リストに入れています。(因みに、企業から見れば当サイトもマスコミと言う事のようで、未公開のCM動画などを添付したCM記事の先行配信を頂く場合があります)

ここ10年程度でマスコミ記事もネット上で頻繁に目にするようになりましたが(以前はネットでマスコミ発のニュース記事なんて読んでる人は変わり者の部類程度で…)、ネットは黎明期より、ニュースなどの情報操作など多分にされている世間の柵とは無縁の世界と言う認識のまま今もいますので、社会で生きていく上では必要な面もあるので、全く見ない訳ではありませんが、垂れ流しのニュースソースを見ると言うのはあまり意味を感じていません。
Keywords:bb-navi.com
更新:2019/04/09 / 編集:2019/04/09

カウンターが2億ビューを超えてますが、本物ですか?

本物です。但し、CM BB(旧CM動画)のサイトhttps://www.bb-navi.com/cm-douga/は、そもそもbb-navi.com,kooss.com 以前からあった1つだったサイトが分割を繰り返して1サイトになったもので、カウンター値を継承しており、CM動画のサイトのみのアクセス数ではありません。

但し2000年から運営しており、当時はYoutubeの動画サイトやTwitterやInstagram,FacebookなどのSNSも無ければブログやWikipediaも無く、検索はYahooやMSNに日本の各ポータルサイトが主体で、検索エンジンのGoogleですら一部のユーザーしか知らなかった程度で、ニュース検索のサービスも無ければ、そもそもTVや新聞を見れば済むので、インターネットでわざわざニュースを見る人自体が少数派で(中には、一般ユーザーに見て貰えるように金銭的な提供をし無料会員獲得の大々的なキャンペーンまでしていたマスコミもあります)、芸能人のサイトも一部を除き大半がどこも閑古鳥状態(タレントによっては作るだけ無駄)というPC全盛でスマホなど存在しなかった時代からやってますので、検索エンジンで人気のタレント名(だけで)で検索すると、当サイトが検索結果の1番に(しかも当時は検索結果には広告も無いので完全に1番)ヒットする事も珍しく無かった時期もあります。

なので、爆発的な相当数のアクセスがあった事は想像できるかと思われます。1日に100万アクセス程度ある日もありました。

その当時からすると随分とアクセスは落ちましたが、現在も多くの方々のご紹介や、当サイトの各ページでご紹介しているCMに出演の芸能人や有名人のファンの方々の積極的なアクセスで、当サイトは日々のアクセス数を頂いております。

但し、PVカウンターは全ページに掲載していなかったので、全ページをカウントしていなかった事や、爆発的なアクセスが生じた際はサーバーの負荷を軽減させるためにカウンターを外すなどしていましたので、PVカウンターとしては実際の数値よりも低い値になっています。本来なら3億以上が妥当かと推察されます。尚、蛇足ながら、今は大多数が消えましたが、マスコミサイトが閑古鳥状態でネットでニュースなど見なかったWeb1.0の当時は、個人運営のモンスターサイトは大量に存在していた事を申し添えておきます。
Keywords:bb-navi.com
更新:2019/04/05 / 編集:2019/04/06

CMでは無いような動画も入ってる気がしますが、基準は何でしょうか?

掲載に際しての判断基準は、その映像が、当サイトの閲覧者が求める映像であると思われる事と、PR(CM)として解釈できるかと言う点かと思われます。そして最も重要な事はその映像が番組として成立していないと言う事になります。

CMをマスコミの収入源になる物と限定して考えるケースもありますが、公共広告(AC)などの広告収入が得られない公共の利益に貢献する無料のCMも存在し、マスコミの自社広告などもありますので、CMとはテレビ局が広告料の利益が得られる物と言う前提で区別はできないと思われます。そもそも、一般視聴者はそのような基準でCMは判断していないし、判断できるだけの材料も無いと思います。

その為、当サイトでは、わかり易く、テレビ,ラジオ等のメディアのCM枠で放送される、番組では無い物は全てCMとして解釈しています。CMとは何らかの宣伝やPRをしている主にCM枠で放送されている比較的短い映像です。

その為、CM枠で放送される、TV番組の番宣,予告編も全てCMに相当すると考えています。実際、ネットでも番組のCMとして検索したり話題にしてる方も少なく無く、テレビアナウンサーなどの業界の人間も番組の”CM”として紹介しています。また、番組の視聴率が上がれば、テレビ局にとっては大きな利益に繋がる事から、番宣CMは重要な広告宣伝と言えると思われます。余談ですが、CMが無いと言われるNHKも自社宣伝と言うのがありあれらもCMとして広く認識されています。

また近年のYoutubeの動画広告などに代表されているような、ウェブで動画広告として再生されている類のテレビCMと同一内容のCM動画を含む映像も、全てCM(CM動画)としてみなしており、Webムービーなどの名称で配信されている動画の中にも商品や企業イメージ等の宣伝目的で実質的に長編CMであるケースが大多数を占めています。またそれらのWebムービーも通常のCMと同じようにマスコミ等に宣伝費を払い再生回数を上げていると思われる物も多いと推察します。以前と違って、明瞭にCMと記載しない、あたかも宣伝では無い無料動画のように見えるケースも増えてますが、中身は、何らかの宣伝広告を主目的として制作された動画であるので、間違いなくCMです。

動画による広告,PR=CMは、テレビCM,ラジオCMだけに限定されず、幅広い分野の映像で存在している事が理解されてきていると認識しております。

更新:2019/04/04 / 編集:2019/04/04

CMをブログで紹介してるのですが、アクセスがあまりありません。どうすれば大勢の人に見て貰えるようになるでしょうか?

 もしかすると勘違いされているかも知れませんが、そもそも邪魔な存在であるCMを好んで見に来る人と言うのは、少数派でそんなに大勢はいません。なので、大手企業などは、Youtubeやマスコミ系サイトに動画広告として広告費を支払ったり自社SNSやメルマガやプレゼントキャンペーンなどで、CM動画を見て貰えるように、再生回数を伸ばすように色々とされています。またCMの記事広告も増加していて検索結果が記事広告で埋め尽くされているような昨今ですので、一般のブログでCMを扱ってもかなり難しいように思われます。

 大半の一般の人は、テレビでは番組の途中でCMが入り、ネットでもYoutubeの動画広告にイライラしてCMが嫌いになっているので、ブログにCMを貼れば、逆にアクセスが落ちる位の考え方をしておいたほうが無難です。特に近年はYoutube等での動画広告やTwitter等への違法アップロードなどが目立つ事に加え著作権侵害を放置している芸能人が嫌われる傾向が影響してる模様で、一般に人気が高いタレントのCMでも閲覧数(再生回数)が大きく落ち込んでいて、今までだと考えられないような超人気芸能人のCMでも再生回数が伸び難くなっており、企業は動画広告でYoutubeにお金を払って再生させてますので、一般のブログでCMを下手に貼れば大幅にアクセス減となる可能性があります。

仮に、ブログがたとえGoogleやYahooのWeb検索結果で1位になってもそんなにアクセスはありません。また1位以外は殆どアクセスはありません。1位と言うのはマスコミ記事や動画などのさらに上の正真正銘の1位のケースです。

何か特別にマスコミなどで話題に上がった時だけ検索する人が爆発的に増えてWeb検索からのアクセスが増えます。また、Youtubeの著作権侵害の動画なども再生回数が極端に多いのもYoutubeのおすすめなどに入った物か大量スパムなどによるものが大多数と思われるので、一般ユーザーにはあまり需要の無いコンテンツになっています。これは企業が迅速且つ適切に著作権侵害対策をしてこなかったツケだと言えるでしょう。

但し、近年は一般ユーザーはニュースサイトで情報を得る割合が増加していますので、あなたが法人企業の経営者ならば、エンタメ系ニュースサイトを立ち上げ、そこで紹介すれば、アクセスは飛躍的に伸びる可能性はあると思われます。

類語辞書を使ってパクったような中身の無い宣伝記事や人工知能が作ったようなパクリ記事であっても、ニュース記事と言うカタチで認識されると、検索結果の1位になるのが今の検索エンジンであり、それで満足(人と同じ事で安心)するのが近年のネットユーザーです。

一般的には、Youtubeの動画広告が控えめになるとか、動画広告はCM動画とは全く別の動画などにしない限り、CM自体への一般ユーザーの人気は戻らないと推測しています。

尚、当サイトの場合は、Youtubeで見るよりもCMが見易く邪魔な動画広告も再生されず簡潔明瞭で一覧でわかり易く、簡単に連続再生やお気に入りなどができる事などの特徴によって常連のユーザーさん達のアクセスを維持しています。それでも極端に酷いものだとトータルでも再生回数2桁というものもあります。

 アクセスを増やすのを目的としてCMを掲載すると失敗します。アクセスは結果です。もし、アクセスを増やす事だけが目的ならば、スマホ向きデザインにして、著作権があまりに気にならない、海外のおもしろ動画やペット動画などをブログに気楽に貼り続けたほうが圧倒的に楽にアクセスが伸びるでしょう。Twitterのbotなどで1万RT以上のおもしろ動画は大量にあるので、その中からチョイスすれば簡単で良いかと。因みにCMで1万以上のRTはキャンペーン(企業が広告費をTwitterに支払う)も含めて私は記憶が無いような気がします。それだけウェブ配信のCMは人気が無くなってしまったのです。

 当サイトの管理人は、ごく短い15秒や30秒などの短時間に凝縮された映像のCMが好きなので、紹介しています。それが目的です。

一般的にネットは、他には無い何かの特色が無ければ、わざわざアクセスしてみる人はごく少数です。スマホの普及で、大多数は大手ポータルや大手マスコミ系ニュースサイト提供やSNSの公式アカウントの情報のみで満足してしまうように飼いならされているからです。

何の知識も無く誰でもできるブログやSNSで集客できるのは、千載一遇のチャンスのあった人で、99%以上の人は失敗しています。遠回りでも、コツコツと唯一無二のウェブサイト運営をするのが結局は近道になります。当サイトは今年で20年です。少なくとも5年〜10年かけて構築していく位のビジョンを持つ事をおすすめします。

更新:2019/04/04 / 編集:2019/04/04