出典先をそちらにすればCMを掲載できますか?

 あなたがそのCMの権利を行使できる企業の責任者では無いならば、Youtubeなどの企業の公式チャンネルのCM動画をダウンロードして、SNSにアップロードすると言う事なら、Youtubeの規約違反並びに、送信可能化権,複製権などの著作権法違反になりますので、できません。出典をどこにしても違反です。

CMを紹介する場合は、CM動画を掲載している企業の公式サイトへのリンクや、Youtubeの企業公式チャンネル配信のCM動画へのリンク又はページへ埋め込む形式でのみ、違法では無く、その行為の権利が守られています。その際、情報の出所などの紹介に、出典を当サイトにされるのは何も問題では無く、ネットの健全化の為にも歓迎します。

尚、TWitterやInstagramなどの動画アップロード可能なSNSには、CM動画をアップロードした時点で違法行為及び規約違反となります。

出典を記載すれば法的に掲載可能なのは、例えばCMのスチル画像のような、コンテンツ紹介で必要不可欠と判断される画像のみです。

詳細はCMの著作権法に関する専門家のサイトを参照下さい。

Keywords:著作権,CM動画
更新:2019/05/02 / 編集:2019/05/02

CMランキングにはクローラーも影響しますか?

Youtubeの再生回数にクローラーが影響しているかどうかは当方が知るところでは無いので、Youtubeの再生回数が影響するCMランキングには、もしかしたら影響しているかもしれませんが、当サイトの人気CMランキングにはロボット等のクローラーのアクセスをカウントしない事にしていますので、影響していないと思われます。

”影響していないと思われる”と断定的に言ってないのは、もし、仮に存在するとしたならば、偽装してアクセスしているものは排除しようが無いからです。

更新:2019/04/29 / 編集:2019/04/29

○○さんが出てるCMをもっと放送して下さい。

 こちらでは無く、多分、出演しているCMの企業へ直接ご意見されるのが効果的かと思われます。また、CM動画を違法転載されたSNSでは無く、公式チャンネル配信の動画のみで見る事や、CMで広告している商品の情報をマスコミ記事では無く、企業の公式サイトで閲覧する事が大事かと思われます。最終的には商品の売り上げが伸びる事ですが、CMの影響が出ていると企業にわかるようなアクションを起こす事が大事です。

 尚、他のFAQでも記載していますが、CMの著作権侵害などが横行する昨今のSNSなどのネットの影響で、景気が改善しても、無名のモデルやギャラの不要な内容のCMが増加し、人気芸能人をCMに起用しない傾向が続く可能性があると思われます。

Youtubeなどの動画SNSを含むSNSでは、応援しているつもりで、実は芸能活動の邪魔をしている可能性のあるファン等のアカウントが多数存在しています。それらが増えるほどに、見る人が増えるほど逆に人気芸能人が出演する新作のCMが減少します。メガヒットが無くなってしまった音楽業界のケースと類似してると考えて良いと思われます。

たとえ見たく無い時でも自動的に見せられてしまうSNSの場合、無関係なハッシュタグなどを含めて、大量に女優や俳優,アイドルの昔の一番人気のあった頃のCMや動画,画像が流れてきますので、いつもお腹いっぱい状態が続く人,あるいはうんざりしたスパムを見てる感覚の人が増えるので、新作のCMやドラマや映画の魅力がそがれ、人気が無くなる場合があるのです。

また、著作権侵害では無くとも、マスコミ各社のSNSアカウントや記事,Webの検索結果が一斉に同じCMの情報を垂れ流せば、もうそれでお腹いっぱいでTVで見るとうんざりした気になる方もいるかと思われます。マスコミでは人気CMシリーズと言われながら実際は不愉快CM(*1)上位でもあるCMはこのように作られます。そもそも視聴者には邪魔な存在という観念のあるCMを好んで見ようという需要はそんなに無いのですから逆効果になりがちなんです。

芸能界(芸能人)が斜陽産業と言われる昨今ですが、主な原因はウェブの著作権侵害や誹謗中傷の類を含めた権利侵害の放置にあり、それらがウェブ検索結果上位にある事、Youtubeでオリジナルよりも優先的に著作権侵害動画が見つかる事が今の状況を作り上げてきたと考えています。

日本人なら日本の法律を守り、著作権を重視し、著作権侵害を行い助長しているアカウントをフォローやRTしない事が肝要かと思われます。

 あと、捕獲(録画)だけが目的ならば、デバイスがスマホでいいのならば、ウェブにアップされてるCM動画をPCやテレビで再生し、そのままスマホでビデオ録画すれば簡単に捕獲する事ができます。但し撮影した動画をウェブにアップロードすると著作権侵害になりますのでご注意下さい。

SNSで著作権がマヒしてる方がいるかも知れませんが、CMの著作権は映画に準ずるので、権利者以外のCM動画のアップロードは日本の法律ではいきなりアウトです。しかも、もし罪が科せられれば極めて重い罪になります。

*1:不愉快CMのまとめCMとされる物の中には、ファンやスポンサー企業を配慮してか、検索結果で順位を上げ露出を増やすスパム目的か、当たり障りの無いマイナー系の物やあまり不愉快でも無い適当な物ばかりまとめている物がありますので、それらも鵜呑みにしないほうが無難と思われます。
更新:2019/04/04 / 編集:2019/04/28

自分が好きなタレントや芸能人の新しいCMをもっと見たいと思うんですが、何か方法はありますか?

企業が、そのタレントが出演しているCMが注目されている事を、よりよくわかるようなアクションをして、企業がわからなくなるようなアクションは避ければ、貢献する事ができるように思います。

具体的には、可能であればそのCMが宣伝している商品を購入する事。CMの感想を企業公式サイトへ通知する事。ブログやSNSにCMの感想と共に公式サイトや公式アカウントへのリンクを貼る事。CM(CM動画)の紹介は、公式サイトのCM紹介ページか当サイトの各タレントのページへリンクを貼る事。CMは当サイトで閲覧し、CMランキングのランクアップに貢献する事。

避けるべきなのは、Youtube動画への直リンク(Youtubeは著作権侵害の違法動画が多いので直リンクは避けるべきです。結局は企業が損をし、スパマーが得をします。ブログ紹介は埋込を推奨します。)に、違法動画の閲覧,直リンクや”いいね”,コメント投稿など。

企業における、ウェブでのCMの統計情報は、公式チャンネルや公式サイトで得られた情報が大多数の所が多いと思われますので、CMを閲覧する時はその動画が公式である事を確認してから行いましょう。

当サイトで掲載しているCM動画は、公式配信が終了していない物は全て公式限定です。

因みに、最近の傾向として、日本を代表するような大手企業ほど、知名度の低いモデルやタレントやキャラクターなどを使う傾向がやや増加しているように思われますが、理由の1つは著作権侵害が滅多に起きない事で、企業イメージを損なうデメリットが無いと言う点もあるように推察しています。

更新:2017/08/07 / 編集:2019/04/28

応援しているタレントが出演しているCMをCMランキングで上位にする方法を教えて下さい。

まず、あなたが応援しているタレントが出演しているCMを必ず当サイト内で閲覧して下さい。あなたが再生する事でポイントが1つ上がります。また、ホームページ,ブログ,SNSで、当サイトのページをリンク紹介すると、閲覧者が増えてランクが上昇します。

また、1日1回は見に来ると継続してランキングの上昇に貢献できます。熱心なファンの方は同じ動画を何度見ても見飽きないので、色々なサイトで同じCM動画を見てられるようです。特に当サイトではCMランキングを意識して、公式サイトやYoutube以上に積極的にアクセスし、当サイトをSNSやブログ等で頻繁に紹介されてる方もおられます。

尚、出演されているタレント,俳優,女優さんのTwitterやFacebookなどのSNSアカウントで、当サイトのページを掲載して紹介されている事があります。中にはCMランキングのランクインも意識している場合もあるかも知れませんが、それよりもCM動画専門サイトとしての正確性と安全性の高さと適切な記事・紹介文で、自分のSNSに掲載し易い(コンプライアンスなどの問題が無い)などが主たる理由だと思われます。

更新:2017/07/01 / 編集:2019/04/28

こちらのサイトは、CM のまとめサイトですか?

いいえ違います。まとめサイト(キュレーションサイト)ではありません。近年のネットのカテゴライズでしいて言えばCM限定のニュースサイトが最も近いと思って下さい。

既にある拡散されたような情報をまとめてるサイトでは無く、プレスリリースをそのまま垂れ流してる媒体でも無く、独自の調査等によって、まだ殆どの人が知らないような情報を含むケースもある、情報の発信元に近いサイトで、当サイト掲載の最新のCM情報を見て、ニュース系サイトやブログなどが参照してネタにしている場合もあります(但し出典も明示しない丸パクリ=”著作物の万引き”は損害賠償請求等も含めて厳しく対応しています)。

時々、最新のCMをYoutubeの再生回数が0の時点で確認する事や、日本で最も早くCMを紹介する事もあります。(但し、CMをきちんと閲覧して内容を確認した上で記事作成の手順なので時間がかかり、最新CMを発見してから数時間後に掲載と言う事もあります)

事前に企業から配信されたプレスリリースなど原稿を元にして、或いは記事広告を、記事として掲載しているなどの一般的なニュース系媒体とは別の、CMの最新情報(CMニュース情報)掲載サイトとして見る事が出来ます。

既にSNSやブログなどでネットに拡散した情報をまとめているだけのまとめサイトや、SNSでのユーザーの反応の良い物からソースを選んで記事にしているネタ系のブログ等とは異なります。

一般的には、CM動画のリンク集です。

Keywords:bb-navi.com
更新:2017/11/02 / 編集:2019/04/28

YoutubeのCMをCM bb-naviで見るメリットは?

Youtubeの公式チャンネル配信の動画だと少ないですが、マスコミ系や違法アップロード系チャンネル掲載のCMの再生の前には動画広告が出たリ広告バナーが出たリしますが、当サイト”CM bb-navi”(やCM紹介のブログ記事など)でYoutube掲載のCMの動画を見ると、理由は不明ですが、動画広告は出ないのですぐ見れるように思われます。なので、わずらわしさが無く、CMが見易くなります。

また、公式チャンネルの動画にもある、やや目障りなアノテーションもデフォルトで同時に抑制していますので、邪魔な物が無いCM動画をフルスクリーンでキレイに見れて、画面キャプチャー(スクリーンショット)も撮りやすいと思われます。

CMの動画の静止画をパソコンに保存して、閲覧などするのは、個人的な利用の範囲なら著作権法で許されています。ただ、この静止画像を不用意にウェブにアップロードするのは違法行為で著作権侵害となります。SNSなどでも出典等を明示せずアップロードしている人がいますがあれらも著作権侵害です。尚、当方は過去多数のサイトが著作権侵害で閉鎖を余儀なくされている事や、SNSアカウントが凍結,削除されているのを確認してきております。

あと、Youtubeは13歳未満は利用は規約で禁止(*1)されているので、小学生などの中学生未満の子供はYoutube内でYoutubeの動画の閲覧できませんが、当サイトのような13歳未満でも比較的無問題と思われるCMに限って掲載している安全なサイト(*2)では、小学生などのお子さんでも安心してYoutubeを含むネットのCM動画を閲覧させる事ができます。

*1:Youtubeはこどもが閲覧する事を前提にしている動画SNSでは無いので、Youtubeの利用規約で禁止されています。関連動画でも精神汚染される恐れのある動画が現れる事もあります。13歳未満が利用を許可されているのは、保護者設定によるAndroid端末対応アプリのYouTube Kidsのみです。SNS全般に言えますが、子供がSNSで被害者になった事件,事案等に代表されるように、Youtubeに子供を無責任に放置するのはとても危険な事です。尚、校則でYoutubeの利用を禁止している学校もある模様で、中学生でも動画をアップロードして希望の高校に行けなくなったと言う話もあります。また、即座に犯罪被害者などとして巻き込まれなくても、ドラマやアニメなどのTV番組や映画を違法に丸ごとアップしている著作権侵害などの権利侵害が無法状態のYoutubeでは著作権侵害に麻痺してしまうと将来重大な犯罪に関与してしまう恐れがあると思われます。

また、13歳未満でも利用できるサイト,コミュニティでも、YoutubeのURLの直リンクが多い場合は誤ってリンクを踏まないように利用を控えさせ、大人の方は、13歳未満の子供が閲覧する可能性が高い場所でのYoutubeの直リンクは控えるべきです。

*2:ウェブCMも含みますが、基本的に社会的な責任のある企業によるCM,テレビCMの動画の掲載サイトですので、未成熟な子供には見せるべきでは無い(Youtubeにも存在する)動画を子供達が見てしまう事はありません。Youtubeのアカウントを作成する必要も無いので、万が一誤ってパソコンやスマホの動画をアップロードしてしまうような事もありません。また、当サイトにはSNS機能は無いので、見ず知らずの人から誘われるような事はありません。その為、比較的低年齢の子供でも安心してCM動画を閲覧できます。

更新:2017/06/20 / 編集:2019/04/28

CMをブログで紹介してるのですが、アクセスがあまりありません。どうすれば大勢の人に見て貰えるようになるでしょうか?

 もしかすると勘違いされているかも知れませんが、そもそもテレビでもネットでも邪魔なCMを好んで見に来る人と言うのは、少数派でそんなに大勢はいません。なので、大手企業などは、Youtubeやマスコミ系サイトに動画広告として広告費を支払ったり自社SNSやメルマガやプレゼントキャンペーンなどで、CM動画を見て貰えるように、再生回数を伸ばすように色々とされています。

またCMの記事広告も増加していて検索結果が記事広告で埋め尽くされているような昨今ですので、一般のブログでCMを扱ってもかなり難しいように思われます。

 大半の一般の人は、テレビでは番組の途中でCMが入り、ネットでもYoutubeの動画広告にイライラしてCMが嫌いになっているので、ブログにCMを貼れば、逆にアクセスが落ちる位の考え方をしておいたほうが無難です。

特に近年はYoutube等での動画広告やTwitter等への違法アップロードなどが目立つ事に加え著作権侵害を放置している芸能人が嫌われる傾向などが影響してる模様で、一般に人気が高いタレントのCMでも閲覧数(再生回数)が大きく落ち込んでいて、今までだと考えられないような超人気芸能人のCMでも再生回数が伸び難くなっており、企業は動画広告でYoutubeにお金を払って再生させてます。

ですので、一般のブログでCMを下手に貼ればブログ全体では大幅にアクセス減となる可能性があります。

仮に、ブログがたとえGoogleやYahooのWeb検索結果で1位になってもそんなにアクセスはありません。また1位以外は殆どアクセスはありません。1位と言うのはマスコミ記事や企業&マスコミ&著作権侵害の動画などのさらに上の正真正銘の1位のケースです。そして、ノイズが増加してわかり難くなったウェブ検索結果によって、ウェブ検索離れが増加している模様なので、通常は検索エンジンからのアクセスは期待しない方が良いでしょう。

何か特別にマスコミなどで話題に上がった時だけ検索する人が爆発的に増えてWeb検索からのアクセスが増えます。また、Youtubeの著作権侵害の動画なども再生回数が極端に多いのもYoutubeのおすすめなどに入った物か大量スパムなどによるものが大多数と思われるので、一般ユーザーにはあまり需要の無いコンテンツになっています。これは企業が迅速且つ適切に著作権侵害対策をしてこなかったツケだと言えるでしょう。

但し、近年は一般ユーザーはニュースサイトで情報を得る割合が増加していますので、あなたが法人企業の経営者ならば、人気のエンタメ系ニュースサイトを立ち上げ、そこで紹介すれば、アクセスは飛躍的に伸びる可能性はあると思われます。

類語辞書を使ってパクったような中身の無い宣伝記事や人工知能が作ったようなパクリ記事であっても、ニュース記事と言うカタチで認識されると、検索結果の1位になるのが今の検索エンジンであり、それで満足(人と同じ事で安心)するのが近年のネットユーザーです。

一般的には、Youtubeの動画広告が控えめになるとか、動画広告はCM動画とは全く別の動画などにしない限り、CM自体への一般ユーザーの人気は戻らないと推測しています。当サイトでもウェブ限定動画のほうが人気上昇しています。

尚、当サイトの場合は、Youtubeで見るよりもCMが見易く邪魔な動画広告も再生されず簡潔明瞭で一覧でわかり易く、簡単に連続再生やお気に入りなどができる事などの特徴によって常連のユーザーさん達のアクセスを維持しています。それでも極端に酷いものだとトータルでも再生回数2桁というものもあります。

 アクセスを増やすのを目的としてCMを掲載すると失敗します。アクセスは結果です。また、アクセスは、トータルの数よりも、アクセスしてきたユーザーのアクションなどを重視すべきです。

もし、アクセスを増やす事だけが目的ならば、スマホ向きデザインにして、著作権があまりに気にならない、海外のおもしろ動画やペット動画などをブログに気楽に貼り続けたほうが圧倒的に楽にアクセスが伸びるでしょう。Twitterのbotなどで1万RT以上のおもしろ動画は大量にあるので、その中からチョイスすれば簡単で良いかと。因みにCMで1万以上のRTはキャンペーン(企業が広告費をTwitterに支払う)も含めて私は記憶が無いような気がします。それだけウェブ配信のCMは人気が無くなってしまったのです。

 当サイトの管理人は、ごく短い15秒や30秒などの短時間に凝縮された映像のCMが好きなので、紹介しています。それが目的です。

一般的にネットは、他には無い何かの特色が無ければ、わざわざアクセスしてみる人はごく少数です。スマホの普及で、大多数は大手ポータルや大手マスコミ系ニュースサイト提供やSNSの公式アカウントの情報のみで満足してしまうように飼いならされているからです。

何の知識も無く誰でもできるブログやSNSで集客できるのは、千載一遇のチャンスのあった人で、99%以上の人は失敗しています。遠回りでも、コツコツと唯一無二のウェブサイト運営をするのが結局は近道になります。当サイトは今年で20年です。少なくとも5年〜10年かけて構築していく位のビジョンを持つ事をおすすめします。

更新:2019/04/04 / 編集:2019/04/28

再生回数の大きな公式チャンネルのCMなのに、こちらのサイトでは掲載されていないものがあります。どうしてでしょうか?

 個別に理由はあり、たまたま忘れていたというケースもありますが、Youtube掲載のCM動画で、再生回数(閲覧数)が最初から1万〜10万程度以上の爆発的に大きな物で、その人気の理由が見当たらない物で私自身もあまり魅力を感じない物の場合は、掲載の順番のプライオリティを下げる傾向があります。

なぜならば、それらの多くは動画広告やTWitterなどのSNSを含むステマの記事広告の埋込動画などとして配信され、Youtubeやマスコミ系サイトなどで、そのCMを見たくない人にも見せてしまっている嫌われているCMの可能性が高いからです。一概には言えませんが、そのCMは、見たい人よりも見たく無い人、ウザイと思う人のほうが多いCMである可能性があります。

実際、そのような経験を何度か繰り返し、Youtubeでは凄まじい再生回数なのに、当サイトでは、さっぱり人気が無く、それがステマ(=マスコミ系記事主体で爆発的に一気に行われる大量の記事広告配信)である事に気づかず、最初の頃は理由がわからない時期もありました。

見たく無い人が多いCMを掲載すれば、自然とサイトのアクセスは落ち、他のCMの閲覧数も落ちる可能性があるので、当サイトでは掲載のプライオリティを下げ、慎重にタイミングを見て掲載する事としています。

基本的に、皆が一斉にやってるとか大勢が一斉に見てるように見える物は(一見すればステマに見えない)ステマを含めて広告であると思って良いと思います。マスコミで深刻な問題として話題になった、キュレーション問題の時も、色々とそこはかとなく全てが自演である事が暴露されてますが、そんなもんではないかと思われます。

更新:2017/09/28 / 編集:2019/04/28

CMランキングで人気のCMと、テレビで話題のCMで違いがある理由はなぜでしょうか?

当サイトのCMランキングは、今、本当にCMを見たいと思った人が実際に大勢見に来たCMが上位にランクインします。好きなタレントなどが出演してるなどで熱心なファンが多いCMや面白いCMやネットで話題になったCMに比較的目新しいCMなどが上位になります。

しかし、テレビで話題のCMは、テレビやマスコミが何らかの理由で話題にしているCMなだけで、本当に見たい人が多いCMとは限りません。

テレビで毎日何度も放送されているようなCM、マスコミ記事などで何度も目にしたCMなら、もう飽きてるので、わざわざ見に来る事は無いでしょう。テレビやマスコミで人気のあるとされる頻繁に放送されているCMは、同時にネットではウザイCMとして批判される傾向にあります。

また、頻繁に放送されるほどの巨額な費用をテレビ局に支払って宣伝をしているのならば、テレビ局はしっかりCMを見て貰えるように、テレビ局の情報番組でも話題(視聴者が話題にしているのでは無い)になる事もあるように思います。

また、テレビの視聴率が高い番組ほど人気の高い番組とは限らないのと同様に、業界でのアンケート調査などで好感度が高いとされる優等生的なCMが、必ずしも本当に人気が高いCMとは限らず、好感度の高いCMほど不愉快CM,嫌いなCMにもなりがちと思われます。尚、アンケート調査型のCMランキングの場合は、サンプル数や地域がごく限定的なため、必ずしも一般的な結果でもないかと思われます。

また、業界関係のCMランキングの中には視聴者の好みよりも出演者,スポンサー企業や業界の(ギャラ,製作費などを含む)事情の要因が大きな物もあります。

音声が明瞭で聞き取りやすく商品PRが上手いなどのCM向きのタレントの出演頻度が自然と多くなりますから、CM出演本数やCM放送回数,総時間などを元にしたランキングでは、CM出演者の視聴者の人気度はあまり関連性は無いかもしれません。また、それら業界のサイトは企業がスポンサーなのですから、スポンサー企業の宣伝になるようなコンテンツになっても当然ではないでしょうか。第3者的なスタンスでは無いと思います。

 当サイトのCMランキングはCMを見たい人が多いCMが上位にランクインするので、わざわざ見たく無いCMを見に来る人はいないと思いますので、不愉快に思う人が多いCMはランクインしにくくなります。また、視聴する人数がダイレクトに結果に影響しますので、CMを見る人の好みが最大限生かされているように思われます。その為、極端なランキング結果になる場合もありますが、本来、大勢の人の気持ちを強く動かすほどの内容のCMが上位になるので、マンネリでは無い新鮮な印象を与えるCMが上位になるのは当然ではないかと思います。

テレビCMの場合は、莫大な額のお金が動きますので、テレビやマスコミ,芸能プロダクション,CM制作会社などの業界の色々な思惑などもあり、テレビで話題に上がるには、様々な理由があると考えてよいと思われます。

個人的には、そもそも日本のテレビは”エンタメ”だと思うので、宣伝であるCMに真実の解を求める事が無理なのではないかなと思っております。
更新:2017/07/01 / 編集:2019/04/28